荻須 おぎすデンタルクリニック

ご予約
052-693-6480
診療案内

口腔外科/咬み合わせ治療
Medical information

| 虫歯・短期集中治療予防/歯のクリーニング小児歯科 | 歯周病審美歯科ホワイトニング
| 若返り/アンチエイジングインプラント口腔外科/かみ合わせ治療 | 入れ歯歯科矯正



当クリニックの口腔外科

口腔内や周辺の疾患などさまざまな症状の診療可能です

口腔外科は虫歯の治療や歯周病の治療以外の疾患に対応している科目です。当院では院内で外科処置もおこなうことができますので、比較的難易度の高い疾患でも診療をおこなうことが可能です。 歯に違和感は痛くないけれど、口内に違和感を感じるという方でもお気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずは20歳前後に生えてくる歯です。左右上下に1本ずつ生える場合も、生えない場合も人によってさまざまです。まっすぐキレイに生えていれば抜歯する必要はありません。しかし、斜めに生えていたり、真横に生えている場合は、他の歯を圧迫して歯並びを悪くしてしまったり歯ブラシが届きにくく虫歯になってしまう可能性が高くなります。その場合は抜歯をして口内の環境を整える必要があります。

親知らずの抜歯が必要となるケース

1. 親知らずが虫歯になっている
2. 1本の親知らずの一部だけ顔をだしている
3. 横向きに生えてしまっている
4. レントゲンで問題が見つかった
5. 他の歯を圧迫して歯列を乱している

親知らずを抜歯しないほうがよいケース

1. キレイに生えていて、ブラッシングも正確にできている
2. 妊娠中・授乳中の方
3. その他、悪影響がないと判断された場合

顎関節症/かみ合わせ治療

顎関節症の症状について

以下のような症状を感じたことはありませんか?

・口を開閉するときに、耳のあたりで「カク」っという音がする。または、「ジャリ」っという音がする
・顎が痛くて、口を開け閉めするのに違和感がある
・あまり大きく口が開かない
・口を開けるときに顎がガクガクする
・噛みあわせが変わった気がする
・顎に違和感を感じる


顎関節症の三大症状として「顎が鳴る」「口が大きく開かない」「顎が痛む」という症状があげられます。 顎関節症は若い女性に多いと言われ、自然に治るものから日常生活に支障をきたすものまでさまざまな症状発生します。さらに、顎関節症は顎周辺の不具合のみではなく、全身にもさまざまな症状が現れる場合があります。 原因不明で下記の症状が現れている場合、顎関節症の可能性もあるので気になった際はお気軽にご相談ください。

[頭部周辺]
頭痛、めまい、首や肩・背中の痛み、肩こりなど

[顎関節周辺]
顎関節部やその周辺の痛み耳の痛み、耳鳴り、耳が詰まった感じ、難聴

[目の周辺]
眼の疲れ、充血、流涙

[口  内]
歯の痛み、舌の痛み、味覚の異常、口の乾燥感、嚥下困難、呼吸困難

[全  身]
四肢のしびれ、全身の痛み、脱力感

顎関節症になりやすい生活習慣


日経BPより

顎関節症の治療方法

顎関節症の原因は顎や顎ぼ筋肉にかかる負担が偏っていたり、噛み合わせ、ストレスなどです。まずは顎関節の負担を軽減させるために「スプリント治療」をおこない筋肉のバランスを改善させることからはじめます。
これはマウスピースのようなものをつけておこなう治療法ですので、痛みを伴う治療法ではありません。 次に顎関節の筋肉が安定してから、噛み合わせや悪い歯などの根本的な原因を見つけだし治療していきます。


歯科矯正はこちら

お問い合わせ・ご予約 TEL 052-693-6480












ページトップへ戻る