入れ歯

当院の入れ歯への考え方

歯を失ってしまうと「食べ物を噛めない」「反対側の歯が伸びてきてしまう」「見た目が悪い」など、生活が不便になるだけではなく精神的にもダメージを受ける場合があります。
入れ歯は歯を失くした方が最も簡単にその機能を取り戻しせる方法です。外科手術の必要もないので短期間で治療費も安く作製することができます。

近年では入れ歯の種類も豊富になり、患者様のご希望・ご要望に沿った入れ歯を作製することが容易になりました。入れ歯は毎日、自分の体の一部として使用していただきものです。「痛い」「外れる」「何回作っても合わない」などお悩みの方は、まずは一度ご相談ください。

入れ歯(義歯)

入れ歯の種類について

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。
総入れ歯は全て歯を失ってしまった方へ、部分入れ歯は一部の歯を失った方の歯を補うことができます。

保険診療と自費診療の違い

入れ歯には国の定めた材料で入れ歯を作製する「保険診療」と良質な材料を使用して入れ歯を作製する「自費診療」があります。
保険診療の入れ歯は最低限の機能回復を目的としているので、使用中に痛みがでたり、外れやすかったりすることがあります。しかし、安く作製できるので最も多くの方が選択しています。

自費診療の入れ歯はさまざまな素材や形から選択して入れ歯を作製できるので、自分に合った入れ歯を作製しやすいです。しかし、そのぶん治療費が高額になってしまうことがデメリットです。

総入れ歯のご紹介

保険診療

レジン義歯

保険の入れ歯

歯肉に触れる部分(ピンク色の部分)がレジンというプラスチックでつくられている入れ歯です。

強度をだすために厚みがあるつくりになっているので、違和感を感じたり、外れやすかったりすることがあります。安価でつくることができる、最も一般的な入れ歯だと言えます。

自費診察

金属床義歯

金属床義歯

歯肉に触れる部分がチタンやコバルトクロムなどの金属でつくられている入れ歯です。金属なので強度が強く、薄くいのが特徴です。床に落としても簡単に割れてしまうことはなく、食べ物の温度を感じやすいのでおいしく食事をとることができます。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

入れ歯と残っている歯に磁石を取りつけることで、固定する力を大幅にアップすることができる入れ歯です。しっかりと物を噛むことができるので、入れ歯が外れやすいとお悩みの方にオススメです。金属のバネを使用していないので、見た目も美しく、着脱も簡単におこなうことができます。

インプラント義歯

インプラント義歯

顎の骨にインプラントを入れて、その上に人工歯を取りつける方法です。外科手術が必要となりますが、しっかりと歯を固定することができます。最も自分の歯に近い噛み心地や装着感を感じることができる方法です。

部分入れ歯のご紹介

保険診療

クラスプ義歯

クラスプ義歯

クラスプと呼ばれる、金属のバネを残っている歯に引っ掛けて固定する部分入れ歯です。最も治療費が安く、容易に作製することができますが、バネをかける歯に負担がかかったりバネが舌や唇に引っかかったりする場合もあります。

自費診療

テレスコープ義歯

テレスコープ義歯

残っている歯に入れ歯をはめ込んで固定する方法です。残っている歯に金属冠をかぶせて、その上に作製した入れ歯をはめ込むことでしっかりと固定します。バネを使用していないため、見た目が良いです。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を一切使用していない部分入れ歯です。材料は樹脂を使用しているので金属アレルギーの方でも安心して使用することができます。軽くて薄いので、フィット感に優れています。また、見た目が自然なので入れ歯と気づかれることも少ないです。

ホワイトクラスプ

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ)

金属のバネ(クラスプ)ではなく、白いプラスチックでできたクラスプを使用している部分入れ歯です。バネが白いので歯と同化しやすく部分入れ歯だと気づかれにくくすることができます。

こちらは現在使用している金属のクラスプをホワイトクラスプへ変更することも可能です。新たに作りなおす必要がないので、金属のクラスプが気になっていた方は、一度ご相談ください。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

入れ歯と残っている歯に磁石を取りつけて固定する入れ歯です。しっかりと食べ物を噛むことができるので、入れ歯が外れやすいとお悩みの方にオススメです。負担が少なく、着脱も簡単にできるのでお手入れも楽にできます。


ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C)