口腔外科

口腔外科について

口腔内や周辺の疾患などさまざまな症状の診療可能で

口腔外科は虫歯の治療や歯周病の治療以外の疾患に対応している科目です。当院では院内で外科処置もおこなうことができますので、比較的難易度の高い疾患でも診療をおこなうことが可能です。
歯に違和感は痛くないけれど、口内に違和感を感じるという方でもお気軽にご相談ください。

口腔外科の診療内容

親知らずの抜歯

親知らずは20歳前後に生えてくる歯です。左右上下に1本ずつ生える場合も、生えない場合も人によってさまざまです。まっすぐキレイに生えていれば抜歯する必要はありません。しかし、斜めに生えていたり、真横に生えている場合は、他の歯を圧迫して歯並びを悪くしてしまったり歯ブラシが届きにくく虫歯になってしまう可能性が高くなります。その場合は抜歯をして口内の環境を整える必要があります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯が必要となるケース

1. 親知らずが虫歯になっている
2. 1本の親知らずの一部だけ顔をだしている
3. 横向きに生えてしまっている
4. レントゲンで問題が見つかった
5. 他の歯を圧迫して歯列を乱している

親知らずを抜歯しないほうがよいケース

1. キレイに生えていて、ブラッシングも正確にできている
2. 妊娠中・授乳中の方
3. その他、悪影響がないと判断された場合

顎関節

口を大きく開けることができない、顎が鳴るなどの症状を感じる方は顎関節症の可能性があります。自然に治る場合もありますが、突然痛みがでたり、全身に痛みを感じるなど症状は悪化してしまう可能性もあります。なにか不具合を感じている方はお早めにご相談ください。

→ 顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症

顎・歯・顔面の外傷

転倒・事故などで歯が欠けてしまった、抜けてしまった、顎の骨を折ってしまったという方は口腔外科での診療となります。

外部の力が加わって歯が抜けてしまった場合、歯がグラついている場合は迅速な処置が必要です。もしも、歯が抜けてしまった場合でもすぐ治療をおこなえばきちんと戻せる可能性があります。抜けた歯を牛乳に漬けて乾燥させないようにしてお持ちください。また、このような緊急の場合はご来院前に必ずご連絡ください。

顎・歯・顔面の外傷

歯ぎしり

軽度の歯ぎしり・噛みしめは誰にでも考えられる行為です。しかし、重度になると見に見えて歯がすり減ってしまったり、顎に負担がかかってしまいます。特に歯ぎしりは睡眠中に無意識でおこなっていることが多く、気づきにくく治りにくいものです。肩こりや睡眠不足の原因にもなりますので、家族から指摘された、顎が痛むなど、歯ぎしりの兆候があれば、早めに診療を受けることが肝心です。

歯ぎしり

その他お口のトラブル

「口内にできものがある」「口内が良く渇く」「違和感が長く続いている」などを感じたら早めにご来院ください。口内の違和感を放っておくと生活も困難ですし、全身の疾患を誘発する可能性もあります。

その他お口のトラブル

悪い噛み合わせが引き起こす症状

噛み合わせが悪いと下記のような症状を誘発させてしまいます。

・頭痛・肩こり・腰痛・不眠症など
・食べ物をうまく噛めない
・滑舌が悪くなる
・歯ブラシが行き届かないため、虫歯・歯周病になりやすい
・一部の歯ばかり負担がかかるため、その歯の寿命が短くなる

悪いかみ合わせによる弊害

噛み合わせが悪いと食事や会話がうまくできないだけではなく、顔の歪みや肩こりなど全身のバランスを崩してしまう原因となります。

噛み合わせ治すことで、全身のバランスを改善して健康的な生活を手にいれましょう。


ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C)