歯周病

歯周病は軽視してはいけない病気です

歯周病ってどんな病気?

「歯周病大国」とも呼ばれている日本。30代になると約8割が歯周病と言われ、私たちにとって決して他人事ではない病気です。「ブラッシングの時に血がでる」「歯ぐきが腫れている」と感じたら、当院までお越しください。歯周病は早期発見・治療が肝心ですよ。

歯周病は「歯周病菌」という細菌が歯茎に入り込み、歯茎を炎症させたり、歯を支えている顎の骨を溶かしてしまう病気です。自然治癒することはなく、放っておけばそのぶん進行していきます。進行が進むと歯を失ったり、大幅な外科手術を必要とする場合がある恐ろしい病気です。

歯周病とは

歯周病は歯を失ってしまう一番の原因

口内の病気のなかでも「歯周病」は歯を失ってしまう原因の第1位です。特に現代では30代〜40代の若い世代が最も多く歯周病で歯を失う比率が高くなってきています。

歯を失う最大の原因です

歯周ポケットについて

テレビや雑誌などで耳にすることの多い「歯周ポケット」。単語は知っているけど、詳しく歯周ポケットについて知っていますか?

歯周ポケットとは歯と歯茎にある“溝”のことで、健康な歯茎の場合歯周ポケットの深さは0〜2mm程度です。

歯周病に侵され、歯茎が炎症をおこしたり、骨が溶けていたりすると歯周ポケットはどんどん深くなります。ここは歯ブラシも入りにくく磨き残しが多いので、汚れや歯石が溜まり歯周病菌の温床となります。

歯周病と判断されるのは4mm以上。6mm以上が重症と判断されます。

歯周ポケットについて

歯周病チェックシート

下記の項目で当てはまるものが1つでもある場合は歯周病の可能性があります

  • 歯茎が赤く腫れている
  • ブラッシングをすると血がでる
  • 歯がグラグラする
  • 歯が長くなった気がする
  • 歯と歯の隙間が大きくなった気がする
  • 口の中がネバネバする
  • 口臭がキツくなってきた
  • 口を開けたまま寝ることが多い

歯周病の進行段階

歯周病の進行段階は大きく4つに分けられています。

歯周病の進行段階

0〜2mmの場合健康で問題のない場合が多い
2〜4mmの場合初期段階の歯周病
4〜6mmの場合中期段階の歯周病
6mm以上の場合末期の歯周病

健康な歯茎の特徴

健康は歯茎は引き締まっていて、歯と歯の間の歯肉はキレイな三角形をしています。色は淡いピンク色です。毎日のケアと合わせて、定期的なメンテナンスをおこなって健康な状態を保ちましょう。

健康な歯肉

歯肉炎

ブラッシングをした時や固いものを食べた時に血がでる場合があります。歯茎はやや腫れて、歯肉の三角形は丸みを帯びています。歯周ポケットも広がり、歯垢がたまりやすい状態になっています。

歯肉炎

軽度の歯周病

歯肉炎よりも歯茎が腫れていて、顎の骨が溶けはじめます。ブラッシングや固いものを食べた時に血がでるだけではなく、冷たい水がしみたり口臭がでるなど自覚症状が出はじめます。

歯周ポケットは4mm。汚れが溜まりやすくなっているので、歯科医院での診療とクリーニングをおこないましょう。

軽度の歯周病

中程度の歯周病

歯茎の腫れ大きくなって、目で見ても指で触ってもブヨブヨとしています。ブラッシング時はほとんど血がでて、歯肉が痩せて歯が長くなったように感じます。また、歯を指で押すと少し動くようになってきています。

歯周ポケットは4mm〜6mm。年齢と共に免疫力は低下しています。そのぶん症状の進行が早まっているので放置はせずに診察を受けましょう。

中程度の歯周病

重度の歯周病

歯茎は赤く腫れあがり、顎の骨も溶けている割合が多く歯がグラグラと大きく動きます。膿とがでたり、口臭がひどいなど、症状を他者から気づかれる場合もあります。最悪の場合は歯を失い、義歯などを利用する必要がでてきます。この場合はその歯を残すことを考えるのではなく、他の歯も悪影響を及ぼす危険性があるので健康な歯をどう守っていくかを考えながら治療をおこないます。

歯周ポケットは6mm以上。歯垢、歯石がたまり、歯科医院での診療が不可欠となります。

重度の歯周病

歯周病になりやすい習慣

生活習慣との関係

日々なにげなくしている行動が歯周病を誘発させたり、悪化させたりしている可能性があります。

1 ブラッシングをしていない
ブラッシングをしないと口内には食べかすが溜まり、歯周病菌や虫歯菌の温床となってしまいます。

生活習慣との関係

2 タバコを吸っている
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる働きがあり、血行を悪くさせてしまいます。血行が悪くなると栄養が歯茎や歯に行き渡らなくなり歯周病を発生・悪化させてしまいます。
3 ストレスを受ける機会が多い
ストレスを受けると身体の抵抗力が弱まり、歯周病が進行しやすくなります。
4 無意識の歯ぎしり・噛み締め
無意識に歯ぎしり・噛み締めをおこなっていることで、歯が脆くなったり、顎や歯周組織に大きな負担をかけます。その結果、歯肉も弱まってしますので歯周病の進行が急速に早まります。
5 口を開けて寝る・口呼吸する癖がある
口内が乾燥すると歯垢、歯石がたまりやすくなります。唾液による自浄作用もなくなってしまいます。
6 偏食傾向でバランスの整った食事ができていない
偏った食事を取っていると身体の抵抗が弱まってしまうため、歯周病に罹りやすいです。

歯周病と糖尿病の関係

糖尿病になると体の免疫が奪われ、口内が歯周病菌に侵されやすい環境になってしまします。また、唾液の分泌も少なくなるので歯周病菌にとってはとても活動しやすい環境となってしまします。

歯周病と糖尿病の関係は深く、どちらも気を配りながらの生活は大変困難です。まずは口内を清潔に保てるように日々のケアを十分におこないましょう。

糖尿病との関係

歯周病と全身疾患の関係

歯周病菌が気管や血管から全身に運ばれることによって、心疾患や肺炎などを引き起こす可能性があることが明らかになりました。歯周病を患っている方がもしも妊娠中だった場合、低体重児出産や早産の可能性も危惧されています。歯周病は決して口内だけの病気ではなく、自分の命や新しい命までにも関わる病気です。

全身疾患との関係

歯周病とタバコの関係

上記でもお伝えしたとおり、タバコに含まれるニコチンが血液の循環を悪くし口内環境を悪化させてしまいます。また、ヤニが歯や歯肉につくとブラッシングだけではとりきれず歯周病菌の温床となってしまします。

タバコとの関係

歯周病の治療方法について

ブラッシング指導

初期段階の歯周病の場合、正しい歯磨きをおこなえば症状の改善が見込める可能性があります。当院ではご自宅でも正しいブラッシングげできるように歯科衛生士が歯ブラシの持ち方・動かし方・コツをしっかりとアドバイスいたします。自己流のブラッシングでは思っているよりも汚れはとりきれていません。正しいブラッシングをおこなって歯周病・虫歯を予防しましょう。

スケーリング(歯石取り)

歯石は歯に頑丈に貼りついているため、ブラッシングだけでは落としきれません。歯科医院で「スケーラー」と呼ばれる器具をつかって除去する必要があります。定期的に歯科医院で歯石除去することがオススメです。

ルートプレーニング

歯周病が進行していて、歯周ポケットが深くなっている場合スケーリングのみでは歯垢・歯石を取除除くことは困難です。その場合は「キュレット」と呼ばれる専用の器具を歯周ポケット内にいれて、しっかりとクリーニングをおこないます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケットの奥深くについている歯垢・歯石を取り除く際に、歯茎に麻酔をかけてスケーリングやキュレットでクリーニングをおこないます。

フラップ手術

歯周ポケット掻爬術でも歯石・歯垢が除去しきれず症状が改善しない場合、麻酔をかけて歯肉を切開して歯石や膿を取り除きます。

薬物療法(エムドゲイン)

重度の歯周病で溶けてしまった骨は自然に再生することはありません。その場合、骨を再生させる薬剤(エムドゲイン)を塗って、歯周組織の再生を図ります。

歯周病予防に効果的な方法

正しいブラッシング

毎日しっかりとブラッシングをしているつもりでも虫歯や歯周病になってしまう場合もあります。歯の形状や生え方でブラッシングの仕方は変わってきますので、自分に合ったブラッシング方法でないと適切なブラッシングはおこなえません。

当院では患者様ひとりひとりに合ったブラッシング方法や歯ブラシの種類のアドバイスをおこなっておりますので、ぜひ毎日のケアの品質向上のためにもご活用ください。

正しい歯磨き

PMTC(専門者による歯のクリーニング)

Professional(専門家が) Mechanical(専用の機械で) Tooth(歯面を) Cleaning(クリーニングする)の頭文字をとったPMTC。歯科医師や歯科衛生士が専用の機械でおこなう、口内クリーニングのひとつです。

口内には「バイオフィルム」というブラッシングでは落としきれない細菌の膜があります。とても頑丈な膜でなかなかご自宅でのケアでは落としきることがでいませんので定期的に歯科医院でPMTCを受けていただくことをオススメしています。

正しい歯磨き

当院の歯周病治療への考え方

歯周病は30代〜40代の約8割が抱えている身近な病気です。ほとんどが無症状のまま進行し、最後には歯を失ってしまう可能性もあります。最近では歯周病の低年齢化も進み、「若いからまだ大丈夫」という概念は通用しなくなってきたようにも思います。その背景には歯周病の進行を促進させてしまう食生活の多様化、生活習慣の変化、不適切な歯科治療などさまざまな要因が考えられますが、医療技術が進歩しているのにも関わらずこうした病気は増えていくことは非常に残念です。

また、歯周病は糖尿病との合併症でもあり、全身疾患とも密接な関わりがあることが明らかになってきています。歯周病治療を行なうことで、糖尿病のコントロールの状況が改善したり心疾患や脳梗塞、早産、低体重児、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症など予防をすることも可能ですので、軽視せずに早期発見・治療ができるように心がけましょう。

当院では歯を抜かなければならないほど進行した歯周病治療を行う場合、外科手術や歯周内科的治療に合わせて周辺組織を再生させる治療にも力を入れて取り組んでいます。 義歯やインプラントには頼りたくないとお考えの方は、ぜひお力になれれば幸いでございますのでお気軽にご相談ください。



ページトップへ戻る

SITE MENU

Copyright(C)